暮らしが豊かになるリフォームを施工することが大切です

額縁のある部屋

リフォームをして良かったところ

リビング

先月無事に終了した我が家のリフォーム。具体的には、浴室とトイレのリフォームをしたのですが、それぞれ良かったところを振りかえってみたいと思います。
まずは、浴室リフォームです。浴槽を代えたことで、入浴時に跨ぐ高さが低くなり、加えて浴室の床面も滑りにくい素材にしたため、転倒のリスクが低くなりました。今はまだ浴室で転倒することは考えられませんが、高齢になった際に、転倒しにくい浴室があることは末長く自分の家に住み続けるために必要な要素のひとつになると考えます。
次に、トイレのリフォームです。トイレも、家にいる限りは毎日使う場所ですから、いかに使用しやすい環境にするかは大切なことだと考えます。今回我が家の場合は、トイレ出入口の段差を解消し、便器を取り替え、手すりを設置しました。トイレについても、浴室と同じように、高齢になっても使用しやすいようにすることを、第一目的にしました。いわゆるバリアフリーを図ったとも言える我が家のリフォーム、納得のいく結果になり家族一同、とても満足しています。皆さんが住宅リフォームをすることを考えた際に、我が家のリフォーム体験談が、少しでも誰かの役に立つことができるば幸いです。

最新記事

  • クラシカルな部屋

    出産をきっかけにリフォームを行う

    お子様が生まれますと、生活に関する様々な変化が生じる傾向があります。それで住宅の利便性を改善したいと思うケースも、たまにあるのです。例えば、生活動線の変更です。一部の住宅は、あまり生活動線が良くない事もあります。住宅には、複数…

    もっと知ろう

イチオシ記事

NEW2016/07/05
リフォームをして良かったところを追加しました。
NEW2016/07/05
築15年目の外壁リフォームを追加しました。
NEW2016/07/05
リフォーム会社との打ち合わせが重要を追加しました。
NEW2016/07/05
出産をきっかけにリフォームを行うを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP